4/29 sun 酒と器と肴の会
a0261109_1438444.jpg

4/29から始まるGW中、今田では丹波焼の意欲的な新作の展示をする恒例のお祭り『春ものがたり』というイベントを開催しています。

今回、自分たちの手で育てた山田錦から作る地元“秀月”の冷酒と、丹波焼の若手作家グループ“グループ窯”の自分好みの豆皿で、地元の食材を使った季節ものの肴をご用意して、篠山の春の味を楽しむ宴を催します。

酒と器は相性も良く、また新緑の気持ち良い風景を眺めながら飲む冷酒は絶品です。


※お酒を飲まれる方は、車での来場を固く禁止しております。最寄りの電車と送迎バスにてお越しください。



4/29【日】

時間 13:00-17:00

場所 ぬくもりの郷 2F 軽食コーナー

主催 ぬくもりの郷

共催 秀月・グループ窯

料金 ① 冷酒と豆皿と肴 900円

    ② 冷酒と豆皿と肴3種 1500円 



秀月

狩場酒造が手掛ける銘柄の「秀月」は、昭和32年に三代目当主が命名し、それ以来唯一のブランドとして確立しました。丹波高地の寒気の中で清らな伏流水と酒造好適米を使い、杜氏歴28年の藤井隆男が造る酒は飲み飽きのしない逸品です。




グループ窯

1978年に設立し、代々立杭の若手陶工の集まりで形成しており、独自のグループ展や企画展などをおこなってきた。現在は丹文窯 大西雅文氏を代表に9名の陶工が活動している。若手による新進気鋭な作品を数多く作っています。
[PR]
# by toonworkshop | 2012-04-23 14:35 | event